fc2ブログ
 こんにちは、新宿ビジネスガーデンの佐藤です。
先週に引き続き、アメリカの休日についての続編です。

1月の第3月曜日⇒キング牧師誕生日(Martin Luther King Jr's Birthday)

私には夢がある「I Have a Dream」という有名な演説を行った、アメリカ公民権運動の最大の
指導者、マーチンルーサーキングJr.牧師の生誕を記念した日です。

この有名な演説の一説を、日本でも中学生の時に習います。
マーチンルーサーキング牧師は、1929年1月15日ジョージア州アトランタに生まれました。
現在はアメリカは色々な民族(移民)が集まり差別も無く自由に生活していますが、50年程前は
黒人と白人の差別がひどく、公共の乗り物(バス)や、映画館などの座席が別だったりしていました。
黒人は、白人に差別され暴力を受けたり、誤認逮捕をされたりしていました。
黒人であったキング牧師も同様に差別を受けていて、何度も逮捕されました。
そのような目に遭いながらも、すべての人種の平等を非暴力で訴え続けました。

1963年8月、25万人の人々と一緒に平等を求めて。ワシントンD.C.へ大行進を行い、リンカーン
記念塔前で演説を行いました。この演説が、かの有名な「I have a Dream」です。
素晴らしい演説なので、キング牧師の「私には夢がある」で検索してみてください。
キング牧師は、1964年にノーベル平和賞を受賞しました。
その後、39歳の時(1968年)残念ながら暗殺されてしまいました。
キング牧師の生涯は短かったけれども、非暴力主義を貫いて、平等を達成した運動の措導者として
キング牧師は素晴らしい功績を残しました。

キング牧師の誕生日が国民の祝日になったのは、1986年で、暗殺以降、国民の祝日にという運動は
ようですが実現が難しく、1970年代後半から、スティーヴィー・ワンダーらの著名人が積極的に
動いた結果、1986年1月第3週から祝日になったのです。州によってはこの法律、祝日に賛同しない
州もあったようで、アメリカ全50州で祝日になったのは、2000年になってからだそうです。

ビジネスガーデンや、グループ会社のサクラハウスには世界各国の外国人の方にご利用いただいて
おります。もちろんアメリカに住んでいる黒人の方々もです。50年前は、他国に行くような自由など
無かったはずです。そう思うとキング牧師の功績の素晴らしさを実感しました。

次回は、「大統領の日」をご紹介します。

新宿ビジネスガーデン 佐藤

レンタルオフィスの新宿ビジネスガーデン
〒160-0023
東京都新宿区西新宿7-2-6西新宿K-1ビル3階
TEL:03-6890-1111
FAX:03-6890-1111
HP: http://www.shinjuku-bg.jp/
- 受付営業時間 -
平日 9:00~20:00
土曜 9:00~14:00
日曜・祝日 休み

メールフォームでは24時間
ご質問お問い合わせを受け付けております。
レンタルオフィス、電話秘書代行、私設私書箱などについて
お気軽にお問い合わせくださませ。

【このテーマの記事】
アメリカの祝日について①
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) |
コメント

管理者のみに表示